「夏に嬉しい」

今日も40度を超す地域もあり、まさに猛暑。今回は猛暑日の続く日に、身体に嬉しいドライフルーツ・ナッツをご紹介します。



●デーツ
栄養成分:ブドウ糖(※1)
吸収しやすいエネルギー源になります。甘いものを食べたいけど砂糖を控えてる人におすすめ。お店人気No.1。

●パイナップル
栄養成分:クエン酸(※1)
細胞の機能や身体を動かすエネルギーの生産に関わりメンテナンスします。

●ドラゴンフルーツ
栄養成分:カリウム、マグネシウム(※1)
疲労やだるさなど慢性的な不調に役立ちます。

●マンゴー
栄養成分:ビタミンA,C,E(※1)
抗酸化作用をもち、紫外線のダメージを防ぎます。

●カシューナッツ
栄養成分:タンパク質、鉄(※2)
タンパク質は体内で睡眠の質を高める物質に変わる物質(メラトニンやセロトニン)の原料になります。カシューナッツは鉄分も特に多く、汗で流れやすい鉄分の補給におすすめです。酸素とくっつき酸素を細胞に届け、心身の疲労回復に役立ちます。

「ドライフルーツってどうやって食べるの?」というお声も多くいただきます。幾つか、おすすめ・簡単な楽しみ方をご紹介します。

【食べ方】
フォンダンウォーター
ボトルに水や炭酸水を入れる。お好みのドライフルーツを入れて、30分ほど放置。これだけで完成。柑橘系、ベリー系フルーツや、パイナップルなどもおすすめです。

ヨーグルトにつける
パイナップル、マンゴー、ドラゴンフルーツ等

一晩ヨーグルトに浸けた事はありますか?生の状態に戻りシャキシャキ、ぷるぷる食感に仕上がります。

●おやつ
アイスコーヒーと一緒に、デーツ、オレンジなど

フルーツティ
アイスティーと一緒に、マンゴー、パイナップル、オレンジなど


【シーン】
朝ごはんの代わり、朝のコーヒーと一緒に、小腹が空いた時のお菓子代わり、食後のデザート、お酒とともに。

店頭ではその時の体調や身体のお悩みに合わせてオーダーメイドもしています。ぜひお気に入りを探してみてください。


※1 第2章 日本食品標準成分表 2015年版「果実類」一覧|文部科学省https://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/01/15/1365343_1-0207r2_1.pdf
※2 第2章 日本食品標準成分表 2015年版「種実類」一覧|文部科学省https://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/01/15/1365343_1-0207r2_1.pdf¥¥