「アラブの美容食」

デーツ(ナツメヤシ)はココナッツとは違う?

年々、国内で見かける機会が増えてきたデーツ。”ナツメヤシ”とお伝えすると、「ココナッツですか?」とご質問をいただきます。この、”ヤシ(椰子)”と名の付く、ヤシ科に属するものは世界中の熱帯から亜熱帯を中心に189属2400種類が分布し、テーブルヤシなど小型の種類からココヤシなど、大型になる種類もあります。

最も有名なものは、おそらくココヤシ。果実はココナッツとして有名で、ヤシ油を取り、食用やせっけん、飲料として使用します。また、アブラヤシの実からはパーム油を採取したり、その他の種でも、食用、でんぷんや砂糖の採取、タバコの代わりの嗜好品、繊維利用、屋根の材料など利用法は多岐に渡ります。

因みに、”ナツメ”(棗)は、Chinese datesと呼ばれ生薬としても用いられる全く別の果実です。

デーツの歴史

古くから灼熱の地で暮らす人々の生活に根付いていたデーツ。

その歴史は古く、紀元前6千年紀には既にナツメヤシの栽培が行われていたと考えられており、考古学的証拠では「ウル」の遺跡(紀元前4500 年代~紀元前 400 年代)(※1)から、ナツメヤシの種が出土。シュメールでは農民の木とも呼ばれ、ハンムラビ法典にもナツメヤシの果樹園に関する条文があり、アッシリアの王級建築の石材に刻まれたレリーフに、ナツメヤシの人工授粉と考えられる場面が刻まれています。

※1【ウル】ウル (Ur) 古代メソポタミアにあったシュメール人の都市及び都市国家、またはその遺跡。元来はチグリス川とユーフラテス川のペルシア湾への河口近くに位置していた。

デーツは砂漠の過酷な環境で育つことから、各地で貴重な食べ物とされています。イスラム教の聖典コーランでは「神の与えた食物」、旧約聖書では「エデンの園の果実」と記載され、聖母マリアもキリストを身ごもっていた時にデーツを食べ、キリストを生んだときはナツメヤシの木の下だったとも伝えられているそうです。

またムスリムの間では、ナツメヤシの実は預言者ムハンマドが好んだ食べ物の1つであると広く信じられており、現在、エジプトやサウジアラビア、イランなどが代表的な産地で、その地域で暮らす人々の重要な食品として生活に欠かせない物となっています。

生命の実

紀元前より重要な食べ物とされててきたデーツ。イスラム諸国では、デーツは伝統的にラマダーン期間中の日没後に最初に取る食事となっています。また、妊娠中に毎日数粒のデーツを食べることを勧められるそう。

また、砂漠の民ベドウィンはデーツとラクダの乳で、砂漠の旅を続けていました。近年ではその栄養バランスと、消化負担をかけずエネルギーチャージができることから、アスリートの携帯食としても需要が高まっています。

デーツはどんな味?

ドライデーツは「黒糖や干し柿などに例えられるくらいの甘みを持つ」とお伝えすると「干し柿が苦手」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、そんな時には是非ともクルミ・チーズとセットで口に運んでいただきたい。驚くほどの変化を見せます。デーツは汎用性が高いため、様々なレシピを生み出していただける事も楽しみの一つ。

栄養価が凝縮され、その糖分の70%はブドウ糖と果糖からなります。朝食に少し足すと素早くエネルギーチャージすることができ快活に行動することが出来るのでオススメです。


FAR EAST BAZAARのエジプシャンデーツ

エジプシャン・デーツは、ナイルの賜物 エジプトのオアシスから届きます。カイロから古都アレクサンドリアを過ぎ、彼方に見える蜃気楼を幾度もやり過ごし、沙漠をひたすら西へ進んだリビア国境近くにそのオアシスはあります。

そこはかつてアレキサンダーがエジプトを統一した際に真っ先に訪れたとされる場所で、彼がその申し子と信じていたアモン神の神殿が佇み、またクレオパトラの鉱泉と呼ばれる泉が滾々と湧き出る。100を超える泉のほかに、オリーブの木、そしてデ―ツが青々と茂り、10年に一度しか雨の降らないとされる土地でも人々を潤し、多くの果実が豊かに実る。

数千年にも渡り途絶えることなく現代まで受け継がれる特別なデーツ。
1粒噛みしめるほどに、確かに身体にしみわたるものを感じます。


 他のデーツと違うの?

世界中約500種以上が存在するデーツですが、私たちはその土地独自の歴史や背景が映って見えるものを厳選し、運んできます。このため、多くのデーツの中でもエジプシャン・デーツが良いとお選びいただく方が多くいらっしゃいます。

エジプシャン・デーツの粒の大きさは中程度、食感はとても柔らかく、乾燥度を上げているデーツをご存知の方からすると、しっとりさを強く感じられるかと思います。この状態に仕上げるために、
乾燥の工程で細やかな調整をしており、乾燥や保存の仕方次第でより乾燥した感じにもなりますが、敢えてしっとりと楽しんでいただけるように仕上げております。

検品作業も、現地検品・国内検品を経て、さらに店頭検品と3段階設定。可能な限り安心しお召し上がりいただける状態を構築しております。

極上のエジプシャン・デーツをお愉しみください。

 

デーツの栄養成分

食物繊維

100g中7g(※1)

便秘予防、糖質・脂質の吸収抑制、善玉菌の増加促進(※2)

マグネシウム

100g中60mg(※1)

酸素の活性化や神経、筋肉の興奮伝達に伝わる。
カルシウムとは2:1の比率で摂取するとよい。(※2)

100g中0.8mg(※1)

血液中の赤血球を作るのに必要な栄養素

カルシウム

100g中71mg(※1)

丈夫な骨や歯を作る(※2)

 

他にも、葉酸・亜鉛・リン・カリウム・銅など。

※1 第2章 日本食品標準成分表 2015年版「果実類」一覧|文部科学省https://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/01/15/1365343_1-0207r2_1.pdf
 
※2 食品バランスガイド 農林水産省
https://www.city.otaru.lg.jp/simin/kokuho_nenkin/kokuho/shiryou.data/23_p6-17.pdf